つくし保育園

保育士の想い

わたしたちは「会いたくなる人」を目指します

その子らしさを大切に心揺さぶる保育をします。
子どもも大人も先生も安心して通える場所になるために努力と工夫を惜しみません。
保育園に関わる全ての人の笑顔や信頼に応えます。

つくし保育園の保育理念

“子どもたちの心と体に
限りない未来と輝きを”

この保育理念のもと、子どもたちが大きくなったとき、その子どもたちと保護者の方が0歳児~2歳児までの可愛くて大切な時期を“ここで過ごしてよかったね”と、そう思ってもらえる未来を一緒に描いていきます。

そんな輝く未来のため、日々の保育の中で特に大切にしているのが、「3つの保育の柱」です。考える力感謝の心元気で丈夫な体 を養うため、様々な活動を保育に取り入れています。

3つの保育の柱

その活動の中で保育士が大切にしていることは、「一方的に何かを教える教育はしない」ということです。
私たち保育士にできることは

  • おもしろい!と思える環境を精一杯の工夫でつくること
  • 新しい発見や気づきに出逢えるきっかけをあちこちに散りばめること

その中から自ら選び、遊び、その子らしく心も体も輝きながら育つ、そんな保育をしていきます。

保育について

室内あそび

  • 自分で好きな遊びを選んで遊べる環境を用意しています。
  • 考えたり試したりしながら遊べるような知育玩具、手作り玩具などを設置しています。
  • 保育者と関わりながら、心も体も満たされ、安心して過ごすことができるようにします。

戸外あそび

戸外あそび
  • 園外散歩に出かけ、思いきり体を動かしたり季節を感じたりしながら遊びます。
  • 近くには今村宮があり、自然をいっぱい感じながら過ごすことができます。

運動あそび

運動あそび
  • リーベ式運動あそびを岡山県で初めて取り入れました。月に一回、トレンタのこぶたコーチが保育園に来て一緒に遊んでくれます。
  • 子どもたちの楽しいの先にある育ちを信じて、「今できることを大人も一緒にとことん楽しむ」ことで全身の発達を促します。

生活について

生活
  • 食事、排泄、着替え、片付けなど自分の力でできることが自信につながるように支援していきます。
その他の取り組み

その他の取り組み

  • 海外の文化や言葉に触れる機会を作ります。ハロウィンやクリスマスなどには英語の先生を訪き、外国の言葉や伝統を楽しみながら学びます。また、日常生活の中でも英語の絵本や表示をさりげなく取り入れています。
  • みかん狩りやプールなど“保育園の中だけではできないことも経験してほしい”という保育士の想いから、お家の人と一緒に行く楽しい企画もどんどん考えていきます。
ページトップへ戻る