つくし保育園

『みらいとつながるよる』を終えて。

つくし保育園初めてのイルミネーションイベント『みらいとつながるよる』に、ご協力、ご来園いただきましてありがとうございました。
保護者の皆様、地域の皆様にご理解いただき、無事イベントを終了することができました。

つくし保育園は開園当初より、
これからの時代に本当に合う保育とは何か。
これからの保育園とはどう在るべきか。
について、何度も何度も話し合いを行っています。

私たちは現在、保育園に多様な価値観を取り入れることに挑戦しています。
保育園は地域の中にありますが、時代の流れと共に、情報は外へ漏らさないことや、セキュリティー対策の重要性が最重要視されるようになり安全に閉ざされた場所となっています。
園児たちを守るためにはもちろん重要ですが、地域との関係性や、異業種との繋がりは更に希薄となっています。

これは見直すべき問題!

つくし保育園は、この課題に挑戦することにしました。
園児が降園する時間と、イベントの開催時間に差をつけることで、安全に留意し、思い切って保育園の門を開き、地域の方に保育園の中まで入り込んでもらうことにしました。

これが大当たり!!!

地域の方が連日足を運び
「ここは昔全部田んぼで、暗い地域だった。地域が明るくなって嬉しい!毎年楽しみにしてるよ!」
「子どもたちの声が聞こえると元気が出る」
「保育園の中に入れるなんて、嬉しい。自分の卒園した場所じゃないのに、懐かしい気持ちになる。」
「春に本物の桜が咲くのが、今から楽しみ。元気でいなくちゃ!」

たくさんの会話の中で、私たちが感じたのは・・・

地域の皆さんは、保育園の外から、保育園と繋がりを持とうとしてくれている。と、言うことです。
つまり、地域の方とつくし保育園の想いは一緒!!
これからもっともっと多くの方と繋がり、多様な価値観を取り入れながら、子どもたちや大人たちの未来を豊かにしていきたいと思っています。

そしてもう一つ、私たちはやっぱり、「正解の無い問いに挑戦することが好き」と、言うことが確信に変わったイベントでもありました。正解もない。答えもない。だから、一緒に考えたい。
これからも皆さんと一緒に作っていく保育園で在りたいと思っています。

1年後の『みらいとつながるよる』で、みらいポストを開けますので、ぜひお越しください!
皆さまにお会いできるのを、楽しみにしています(*^^*)

たくさんの温かい時間を、本当にありがとうございました。

 

つくし保育園ミライト『みらいとつながるよる』実行委員一同。


ページトップへ戻る